今日からアナタも投資家の仲間入り|投資物件として人気のアパート

不動産模型

資産運用と賃貸物件の投資

貯金

資産運用では、資金を投資してそこから収益を回収するという方法になります。その中でも昔からオーソドックスな方法としては、不動産投資があります。資金がある程度貯まったら、それをその資金に見合った規模で投資をして、より多くの収益を得ようとします。昔から資産を築いている人たちは、不動産投資から利益を得てきました。一度投資物件を見つけると、あとは家賃収入で毎月定期的に収入を確保できますので、収益を期待することができます。その中で一番身近な投資先がアパートということになります。マンションの場合は価格が高い傾向があるので、収益が圧迫されやすくなります。その点アパートは購入価格もマンションなどよりは低くなりますので、投資物件としても家賃収入からの収益や回収のわりが良くなります。

不動産投資では土地自体からは収益が生まれません。土地を運用して、そこから収益を得る必要があります。例えばアパートやマンション、建売り物件などから収益を得るとかという方法です。この中ではアパートが新築でも中古でも比較的少ない資金で手に入れることができるので、収益も得やすくなります。注意点としては、需要と供給をよく調べるということです。建物や土地がいくら価値があると言っても、需要がなければ収入が得られません。需要とはこの場合に、投資物件の借り手の確保です。あるいは買い手の確保です。住みたい、買いたいという人が多いがどうかを将来にわたって調べて予想をして投資物件を購入する必要があります。今の人気だけではなく、長期的な計画性も必要になります。

賃貸市場を活性化する制度

グラフ

家賃債務保証は、賃貸住宅において家賃の滞納等があった場合、連帯保証人ではなく専門事業者が代位弁済に応じるというサービスです。高齢などの理由により連帯保証人を立てられない者の賃貸利用を促すとともに、家主に賃貸経営の安定化をもたらします。

» 詳細へ

あらたなる収入

握手

これだけ世の中の情勢が不安定になり大企業であっても倒産や合併により先行きが安定していない現在では不動産投資による収入を得ようという人が増えています。しかし不動産投資はそれほど簡単なことではありません。ですから初心者であれば家賃保証のようなシステムを検討してみることをお勧めします。

» 詳細へ

重要な不動産サービスです

不動産模型

賃貸保証会社は現在40社程度が参入していますが、近年の賃貸不動産業界ではとても重要な不動産サービスの一つとなっています。地方自治体も高齢者の入居サポートの一環で、賃貸保証会社の利用を推進する制度作りを進めており、今後も利用者は増えていくと思います。

» 詳細へ