賃貸市場を活性化する制度 | 今日からアナタも投資家の仲間入り|投資物件として人気のアパート

今日からアナタも投資家の仲間入り|投資物件として人気のアパート

不動産模型

賃貸市場を活性化する制度

新しい形の債務保証

グラフ

アパートや貸家などに入居する時は家主と入居者の間で賃貸借契約が取り交わされますが、その際、入居者は家主から連帯保証人を立てることを要求されるのが通例となっています。これは言うまでもなく、万が一家賃の滞納や損害賠償金の請求などの事態が発生した場合に、家主が債権を確実に取り立てることができるようにするためです。私人同士の契約行為にあっては、ごく一般的に行われている慣行です。その際、家主にとって注意が必要なのは、連帯保証人をどうしても立てられない入居希望者が現れた場合です。断るのは簡単ですが、もし次の希望者がなかなか現れなければその分空き室期間が長引き、収入の低下を招きます。そこで、最近では専門の事業者が実施している支払い保証サービスを利用する家主が増加しています。このサービスを家賃債務保証といいます。

専門事業者が独自に審査

家賃債務保証は、不動産管理会社や信販会社などが提供している債務保証サービスです。家賃債務保証制度を利用するには、まず家主が自ら保有する物件にこの制度を導入します。そして入居希望者が現れた時は、保証会社が審査を行って制度の利用の可否を決定します。利用可能となれば賃貸契約の他に保証契約が結ばれ、万一の際には家主が保証会社に対して債務の代位弁済を求めることができるようになります。一方、入居者側は手数料を支払って保証会社と契約することにより、連帯保証人を立てる義務を免除してもらえるようになります。賃貸利用者の高齢化などにより、昨今は自分の周囲に連帯保証人に相応しい人物がいないという入居者が増えています。家賃債務保証は、そんな状況下にあっても賃貸住宅の利用率が低下しないように考案されたサービスです。